便利なサービス【契約書翻訳サービスの魅力について】

TO-B translation

翻訳する

エージェントとの交渉が大切です。

契約書の翻訳は、産業分野の翻訳では一定の需要があり、各エージェントも、契約書に対応出来る人を登録しているものです。 そこで、初めて利用するエージェントに依頼をする場合にトライアル的な見本や見積もりを提出してもらうのは勿論のこと、契約書の種類やどの程度定型的な物かなどをエージェントと話し合ってから依頼を決めると成果物のクオリティが上がることが多くなります。 また、英米法圏以外の翻訳を依頼する場合は、正確性を担保しようとすると時間がかかることがありますから、重要性に合わせて納期を決めると良いでしょう。 依頼する側が工夫することで得られるメリットとしては、法務部など、国内外の法制どに明るい人と相談して依頼を決めるとスムーズです。

英語に加えて法律のバックグラウンド

現在では、法律的な書面や契約書を専門に翻訳する人材を育てるべく、それに適したコースも設置されるようになっています。 また、契約書の翻訳は文系の中でも外国語学部などと並んで、言葉に対するセンシティビティが必要な分野で、法律大学で専攻して、結婚後に在宅で翻訳をする人や、企業の法学部で勤務していて役職定年などを機に翻訳業務に就く人も増えています。 また、一つのエージェントに限らず、契約書の性質、すなわち定型性の高低や、複雑さによって、依頼するエージェントを変える企業も増えています。 加えて、契約書の重要性が高い場合には、弁護士本人がサンプルチェックをしてから依頼することもあります。 その一方で、定型的な契約書は別の依頼方法を用いてコストにメリハリをつけるトレンドが見られます。

新着記事

  • 相場について

    英文契約書や海外企業に送るプレゼン資料などを翻訳してくれるサービスがあります。こうしたサービスというのは、サービスを利用する際は、いくつかの翻訳サービス会社をピックアップし、相場を調べてから依頼するようにしましょう。

    more »

  • 内容を知る

    翻訳サービスというものは、以前からあったサービスではありますが、近年からそのサービス内容は進化しており、精度も高くなっています。グローバル化する社会に対応する為にも、一度翻訳サービスをチェックしておきましょう

    more »

特集記事

  • 特徴を調べる

    近年の翻訳サービスは、以前と比べて精度も高くなって便利になっており、幅広い分野で活用する事が出来ます。会社によって、サービス内容はそれぞれ異なるので、利用する際は、複数の翻訳サービス会社をチェックしておきましょう

    more »