便利なサービス【契約書翻訳サービスの魅力について】

TO-B translation

特徴を調べる

需要のある専門分野

語学が得意で文章を書くことが好きな人々の間で翻訳者養成のスクールが非常に人気です。翻訳を仕事にするためにスクールの門を叩こうと決意した人が最初にまず驚くのが、専門分野ごとにクラスが細分化されていることです。文系学部の卒業生は、専門分野が理系分野に偏っており他はビジネスや金融等の門外漢では分かりづらい分野ばかりなので、専門分野を決定するのに非常に戸惑ってしまいます。現在、翻訳会社等で行っている翻訳サービスのほとんどが、言語だけではなく専門分野により細分化されていますので、実際の翻訳サービス現場で働くためには、言語だけが堪能であればよいというわけではなく、専門分野を持ち、その業界の専門用語や慣用、文書のスタイル等を熟知する必要があるのです。

やりがいも非常に感じられる仕事

翻訳会社が提供している翻訳サービスのほとんどが実務翻訳ですので、技術や医薬、ビジネス等で活用するための文書を翻訳しています。それぞれの分野で業界の用語や慣用、約束ごと等が決まっていますので、単語レベルでの翻訳ではなく、適切な文章スタイルに仕上げる必要も出てきますので、単に語学に興味があるだけでは翻訳はできないでしょう。翻訳サービスを提供している会社では多くの場合、トライアルを実施し翻訳志望者のレベルをチェックした上で、採用するか否かや委託料のレート等を決定します。委託契約を結びますと基本的には在宅のフリーランス翻訳者という立場で、仕事の依頼を受け翻訳を仕上げることになります。きわめて短期間で仕上げなければならない仕事も多く、翻訳者の仕事はかなりハードではありますが、その分やりがいも感じることができるでしょう。